なんでもブログ

名前の通りなんでもを取り上げたいと思います。

"シャッタースピードの革命: 産業用カメラの選択におけるグローバルシャッターとローリングシャッターの決定的な違い"

 

ネットで注文!お店で安心受取り
カメラのキタムラネットショップ

 

産業用カメラの世界では、「グローバルシャッター」と「ローリングシャッター」という言葉がよく使われますが、これらは具体的に何を意味しているのでしょうか。今日は、カメラシャッターの役割と、それぞれが産業写真にもたらす独自の利点について掘り下げていきます。

カメラシャッターの基本的な役割は、イメージセンサーに対する光の露出時間を制御することです。この露出がセンサーに光を電気信号に変換し、私たちが見る画像を作り出すプロセスです。シャッターの速度は露光時間と呼ばれ、画像の明るさや動きの表現に影響を与えます。

一般的に、産業用カメラにはグローバルシャッターとローリングシャッターの2種類があります。それぞれの特徴と利点を見ていきましょう。

グローバルシャッターは、センサー上のすべてのピクセルを同時に露出させる方式です。これにより、画像の各部分がまったく同じ瞬間に捉えられるため、動いている被写体を撮影しても歪みやズレが生じません。グローバルシャッターの主な利点は以下の通りです。

- 高速で動く被写体を正確に捉える能力
- 明暗差が大きいシーンでも広いダイナミックレンジを確保
- 近赤外領域における高い感度

グローバルシャッター搭載のカメラは、工場や物流などの動きを捉える必要がある環境で活躍します。製品検査、品質管理、バーコードやQRコードの読み取り、航空撮影、インフラ検査などがその例です。ソニーの独自技術であるPregius™/Pregius S™センサーを使用することで、高速・高解像度・高画質の撮像が可能になります。

一方で、ローリングシャッターは、センサーのピクセルを上の行から順に露出させる方式です。つまり、画像の上部と下部は異なるタイミングで捉えられます。動いている被写体を撮影すると、歪みやズレが生じる可能性がありますが、ローリングシャッターにも独自の利点があります:

- イメージセンサーのコストが低い
- ピクセルサイズが小さく、カメラのコンパクト化が可能
- 感度や信号対雑音比が優れている

ローリングシャッター搭載のカメラは、被写体が静止しているか、動きが遅い場合に適しています。顔認証、生体認証、医療、美容などの分野で優れた性能を発揮します。ソニーのStarvis™技術は、特に低照度条件下でのローリングシャッターカメラの性能を向上させます。

要するに、産業用アプリケーションにおいてグローバルシャッターとローリングシャッターのカメラを選択する際には、撮影対象とシナリオに基づいて選ぶ必要があります。ソニーは、さまざまなピクセルサイズや解像度のグローバルシャッターおよびローリングシャッターカメラを提供しており、多様なニーズに応えています。最適な結果を得るためには、要件を慎重に検討し、適切なシャッタータイプを選択することが重要です。

グローバルシャッターとローリングシャッターの違いと利点を理解するためのこの概要が、産業用カメラを選ぶ際の有益な情報となることでしょう。ソニーの製品ラインナップは幅広い用途に対応しており、あらゆる目的に合ったカメラが見つかるはずです。

カメラのキタムラ ネットショップ